Loading…
This event has ended. View the official site or create your own event → Check it out
This event has ended. Create your own
「プロダクトと開発の未来を考える3日間」
豪華海外講師や業界の有識者が集う日本最大級のスクラムイベント
Regional Scrum Gathering® Tokyo 2015

本カンファレンスは、スクラムの初心者からエキスパート、ユーザー企業から開発企業など、立場の異なる様々な人々が集まり、講演やワークショップ、そして参加者同士の交流を通じて、世界最前線の情報から日本の現場での工夫まで、多くの知見を得られる場です。

4回目の開催となる今回は、日本人唯一の認定スクラムトレーナーである江端一将氏、『発見から納品へ』の著者であるメアリー・ゴーマン氏を基調講演に迎えます。現場で実践されている方からビジネスや組織マネジメントにスクラムの活用を考えている方まで、幅広くセッションを用意いたします。

参加登録 / Registration
参加登録はDoorkeeperからお願いいたします。本サイトでAttend登録しても参加登録とはなりませんのでご注意ください。
Registration is now open at links below. Please note that you are not registered by clicking "Attend" on Sched. 
会場
  〒107-6211 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー ヤフー株式会社

View analytic

Sign up or log in to bookmark your favorites and sync them to your phone or calendar.

Workshop [clear filter]
Saturday, February 28
 

10:30

[1E-1] TG(てーげー)で学ぶScrum
TG(てーげー)とは、アジャイル開発において欠くことのできない4つの価値と12の原則に基づいた、オリジナルの開発プロセスを構築していくワークショップを含めた、新しいアジャイル開発プロセスです。
その開発プロセスを構築していく過程でScrumのフレームワークを眺めることで、より一層アジャイルにScrumを実践していけるようになります。

参加者の前提知識
ScrumやXPなどのプラクティスはある程度知っておいたほうがいいですが、ワークショップ中にフォローしますので、必須となる前提知識はありません。

参加者が得られるもの
Scrumの理解を深め、よりアジャイルに開発していくきっかけを得られます。

Speakers
avatar for 高江洲睦

高江洲睦

Certified Scrum Product Owner Certified Scrum Master Agile/Scrum/Hard Rock/Heavy Metal/Electric Guitar/McDonald's
avatar for Hideki Terashima

Hideki Terashima

CSM / CSPO / Java / PHP / #横浜道場 / #jsug / #yuru_gee / #tddbc
avatar for 原田 巌

原田 巌

mgis-ri


Saturday February 28, 2015 10:30 - 11:30
Track E - 1172 Yahoo Japan Corporation Midtown Tower, 9-7-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-6211

13:00

[1E-2] 100円プロトタイプ ~ ポストイットで、あっという間にモバイルUXデザイン
「100円プロトタイプ法(The $1 Prototype)」とは、米国のインタラクションデザイナであるグレッグ・ヌーデルマン氏が提唱する、モバイルUXデザインのための新しいプロトタイプ手法です。

その概要は、(1)正方形の付箋紙を使ってストーリーボードを描く(ビジョン)、(2)次に長方形の付箋紙を使ってペーパープロトタイプを作成する(試作)、(3)それを片手にユーザインタビューを行う(テスト)、というもので、付箋紙を活用しているのが特徴です。

従来のペーパープロトタイプと比較して、さらに軽量かつ高速にUXデザイン活動が行えるので、特にリーンスタートアップやアジャイル開発の現場に適しているとして、今、注目を集めています。。

この「100円プロトタイプ法」をワークショップ形式で体験していただきます。

参加者の前提知識
普段からモバイル・アプリケーションを使用していて、かつ、モバイル製品/サービスの企画・設計に興味のある人。ただし、開発やデザインに関する専門知識や経験は不要。

参加者が得られるもの
・100円プロトタイプ法の実用的知識と実施経験
・自作した100円プロトタイプ実物

参加者にできれば持参いただきたいもの
・シャーペン(0.5mm HB)
・消しゴム
・定規(10cm以上) 

Speakers
avatar for shida

shida

be agile Co.,Ltd.
岩手県大船渡市に生まれ高校まで暮らしました。 実家、中央板金(リアスホールの近く) 大学から東京で暮らしています。 小学3年生から高校3年生まではサッカー部。 3才から喘息(現在も) 高校からロックドラムをはじめ大学からはJAZZ研究会。 大学時代からメイト音楽学院、菅原光則先生に習う。 2003... Read More →
avatar for 樽本徹也

樽本徹也

代表, 利用品質ラボ


Saturday February 28, 2015 13:00 - 14:00
Track E - 1172 Yahoo Japan Corporation Midtown Tower, 9-7-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-6211

14:30

[1A-4] 自己組織的なScrumチームの目指し方
自己組織的なチームは、Scrumのフレームワークでソフトウェア開発を進める上で、重要な要素です。しかしながら、どのように自己組織的なチームを作っていくことができるかは体系化されていません。
私は、自社で自己組織的なチームとなることを目指し、身近な自己組織的な集団であるエンジニアコミュニティの活動を取り入れようとした試みてきました。そして、その課程で「アウトプットをする習慣を身に付ける」ことが最初の一歩であると考えるようになりました。
セッションでは、自社で実施しているこれらの自己組織的なチームを目指した施策の失敗と効果について紹介します。弊社はすごいエンジニアがたくさんいる会社ではないので、弊社の取り組みは多くの会社でも実施可能な取り組みです。
そして、この紹介を踏まえて、紹介事例の失敗はどう改善できるのか、あるいは、参加者の会社の状況を踏まえると、どんな施策がとれそうかを考えるグループワークショップを実施します。

参加者の前提知識
自己組織的なチームを目指したいけれども、何をしていいか検討もつかない人に聞いて頂ければと思います。
前提知識などは必要ありません。

参加者が得られるもの
自己組織的なチームを目指すために、まず始めてみることができる施策の候補について学ぶことができます。

Speakers
avatar for 土肥 拓生

土肥 拓生

研究開発部部長, 株式会社レベルファイブ


Saturday February 28, 2015 14:30 - 15:30
Track A - 1167 Yahoo Japan Corporation Midtown Tower, 9-7-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-6211

14:30

[1E-3] スクラムを成功させるためにおさえておくべき、プロダクトオーナー・アンチパターン
スクラムの成功の鍵を握るのも、失敗の鍵を握るのもプロダクトオーナー次第です。プロダクトオーナーが陥りがちなアンチパターンについて議論し、明日から実践できる『3つの鍵』を、現場に持ち帰りましょう!

参加者の前提知識
これからスクラムを始めようとしている方。
悩めるプロダクトオーナー。

参加者が得られるもの
プロダクトオーナーがはまりがちなアンチパターンと対処法。

Speakers
avatar for Mitsunori Seki

Mitsunori Seki

IT Architect, Growth xPartners, inc.
エンタープライズ向けのIT業界にて、企画から開発運用および新規事業立ち上げに関与。2008年からアジャイル開発を実践。現職は、エンタープライズ向けの新規ITサービス立ち上げ/内製化支援や、Visual Studio + Azure... Read More →


Saturday February 28, 2015 14:30 - 15:30
Track E - 1172 Yahoo Japan Corporation Midtown Tower, 9-7-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-6211

14:30

[1B-4] 転んでも泣かない!いてててイテレーション!
紙を使った2種類のワークショップを通して、スクラムの導入や、チームビルディングを学んでいきます。
実際のプロジェクトでは、いろいろなハプニングが起きます。簡単なワークショップでも、いきなりの出来事に驚いてつまずいてしまうこともあるでしょう。転んでも泣かない!
そして、一番のチームには何かご褒美があるかも!?

参加者の前提知識
アジャイル開発の基礎的な理解

参加者が得られるもの
イテレーション開発で実際にどのような事が起きて、どのように考えるべきかという経験知 

Speakers
avatar for Takashi Imagire

Takashi Imagire

lead programmer
Takashi Imagire is a Lead Programmer in a gaming company. He spent game industries over 18 years. | CSP, CSM, Ph.D. in science.
avatar for 田口 昌宏

田口 昌宏

GeePlus, Inc.


Saturday February 28, 2015 14:30 - 17:00
Track B - 1166 Yahoo Japan Corporation Midtown Tower, 9-7-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-6211

16:00

[1E-4] アジャイルコミュニケーションプラログラム ~チームワークに関する心理学的アプローチ~
自己組織化やチームワークを作るのがむずかしくありませんか?
自己組織化やチームワークを作るための基礎的な技術を、ワークショップで体験し、具体的に学んでみませんか。

アジャイル・コミュニケーション・プログラムとは心理的なコミュニケーション技術をベースに、仕事場やプロジェクトなどの現場のために独自に開発したものです。本プログラムは、心理的なコミュニケーション技術として、エイブワグナー博士が提唱しているBCB(Breaking the Communication Barrior)などを参照しています。

今回は、アジャイル・コミュニケーション・プログラムの中でも、いままでカンファレンスなどでは公開したことのない創造性の活性化と自己組織化促進の基礎になるワークショップを開催いたします。

多くの我々は、学校教育や社会生活を通して創造性やチームワークの芽を摘まれ、十分に自分で思考することができない一種のゾンビになっている場合があります。特にアジャイルチームではこのような創造性ゾンビは、チーム全体の生産性に悪い影響を及ぼします。あらたにゾンビを作らず、また、今いるゾンビを生き返らせ、魂を込めることが必要です。

そのために、本プログラムではコミュニケーションの質に関しての知見や新たな概念を学び、基礎になるワークショップにより練習します。

参加者の前提知識
・参加して欲しい人:
現場のチームワークづくりに悩んでいるか、あるいはさらなる活性化を目指したいリーダーやチームメンバーに参加していただきたいと考えています。
・参加するにあたり必要な知識:
とくにありません。

参加者が得られるもの
チームワークの基礎となる、メンバーの創造性を活性化するためのコミュニケーション技術を習得し、風通しのよく働きがいのある現場づくりの基礎を学べます。

Speakers
avatar for 林 栄一

林 栄一

事業推進部 課長, アジャイルコーチ, 要求開発コンサルタント, セントラルソフト株式会社
楽器メーカーで電子楽器開発に携わる。陶磁器卸の営業を経てIT... Read More →
avatar for Masanari Motohasi

Masanari Motohasi

祝人 Hoydo


Saturday February 28, 2015 16:00 - 17:00
Track E - 1172 Yahoo Japan Corporation Midtown Tower, 9-7-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-6211
 
Sunday, March 1
 

10:30

Open Space Technology : Tutorial and Theme Selection
Day2 は 1日かけてみなさんがお持ちの課題や疑問、提案したいことなどを議論する、オープンスペーステクノロジーです。Global Scrum Gathering でも行われているアンカンファレンスの形式です。いま、自分の周りにあるテーマを考えながら、ご参加いただければ。午前中に全員でテーマを紙に書いていき、セッションの順番を決め、午後いっぱいでできるだけセッションを行っていきます。

この日の主役は日本の現場でスクラムを実践をされている皆さんご自身です。
こんなことを議論してみたい、こんなことで悩んでいる、こんなアイデアがあるんだけど意見を聞いてみたい、などありましたら、ぜひ持ち寄ってください。みんなで議論しましょう!

Sunday March 1, 2015 10:30 - 12:00
Track A - 1167 Yahoo Japan Corporation Midtown Tower, 9-7-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-6211

13:30

Open Space Technology : Sessions
Day2 は 1日かけてみなさんがお持ちの課題や疑問、提案したいことなどを議論する、オープンスペーステクノロジーです。Global Scrum Gathering でも行われているアンカンファレンスの形式です。いま、自分の周りにあるテーマを考えながら、ご参加いただければ。午前中に全員でテーマを紙に書いていき、セッションの順番を決め、午後いっぱいでできるだけセッションを行っていきます。

この日の主役は日本の現場でスクラムを実践をされている皆さんご自身です。
こんなことを議論してみたい、こんなことで悩んでいる、こんなアイデアがあるんだけど意見を聞いてみたい、などありましたら、ぜひ持ち寄ってください。みんなで議論しましょう!



Sunday March 1, 2015 13:30 - 17:40
Track A - 1167 Yahoo Japan Corporation Midtown Tower, 9-7-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-6211

13:30

Open Space Technology : Sessions
Day2 は 1日かけてみなさんがお持ちの課題や疑問、提案したいことなどを議論する、オープンスペーステクノロジーです。Global Scrum Gathering でも行われているアンカンファレンスの形式です。いま、自分の周りにあるテーマを考えながら、ご参加いただければ。午前中に全員でテーマを紙に書いていき、セッションの順番を決め、午後いっぱいでできるだけセッションを行っていきます。

この日の主役は日本の現場でスクラムを実践をされている皆さんご自身です。
こんなことを議論してみたい、こんなことで悩んでいる、こんなアイデアがあるんだけど意見を聞いてみたい、などありましたら、ぜひ持ち寄ってください。みんなで議論しましょう!

Sunday March 1, 2015 13:30 - 17:40
Track E - 1172 Yahoo Japan Corporation Midtown Tower, 9-7-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-6211