Loading…
This event has ended. View the official site or create your own event → Check it out
This event has ended. Create your own
「プロダクトと開発の未来を考える3日間」
豪華海外講師や業界の有識者が集う日本最大級のスクラムイベント
Regional Scrum Gathering® Tokyo 2015

本カンファレンスは、スクラムの初心者からエキスパート、ユーザー企業から開発企業など、立場の異なる様々な人々が集まり、講演やワークショップ、そして参加者同士の交流を通じて、世界最前線の情報から日本の現場での工夫まで、多くの知見を得られる場です。

4回目の開催となる今回は、日本人唯一の認定スクラムトレーナーである江端一将氏、『発見から納品へ』の著者であるメアリー・ゴーマン氏を基調講演に迎えます。現場で実践されている方からビジネスや組織マネジメントにスクラムの活用を考えている方まで、幅広くセッションを用意いたします。

参加登録 / Registration
参加登録はDoorkeeperからお願いいたします。本サイトでAttend登録しても参加登録とはなりませんのでご注意ください。
Registration is now open at links below. Please note that you are not registered by clicking "Attend" on Sched. 
会場
  〒107-6211 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー ヤフー株式会社

View analytic

Sign up or log in to bookmark your favorites and sync them to your phone or calendar.

Panel [clear filter]
Saturday, February 28
 

13:00

[1A-2] Agile ガチンコ Fight 第0試合
「誰が1番アジャイルなのか?」という疑問を持ったことが無いですか?
このセッションでは、現場をアジャイルにする際によくつまづく事象(メンバーが関心を持たない、タスクボードが腐ってるなどなど)を題材に、目の前でどういうアプローチがより実践的で、より現実的なのかを議論します。そして、どちらの講演者の方がよりアジャイルだと共感を持てたかで勝敗を決する少し変わったパネルディスカッションをします。
今回は、4月に開催予定の本戦に先駆けて、第0試合として提供します!

対戦カード(予定)
西村直人 vs 及部敬雄


参加者の前提知識
1. 専門用語が分かる程度の基礎知識(アジャイルサムライなどの入門書を読んだことがあるなど)
2. どちらが現場で実践するには効果的かを判断できるぐらいの実践経験

2. の方がある程度の割合で参加していると盛りあがります


参加者が得られるもの
持って帰ってほしいこと: アジャイル開発の楽しさについて持って帰ってほしい!
学べること: 実践経験豊富な人が目の前の問題についてどう考えて、どう振る舞うか。

Speakers
NN

Naoto Nishimura

主任, 永和システムマネジメント
Agile coach, Scrum master, Ruby on Rails engineer, Community organizer(スクラム道), Translation supervisor of AgileSamurai(アジャイルサムライ) in Japan/アジャイルサムライ監訳者/首都圏を中心に現場や組織をアジャイルにするお手伝いをしています
avatar for Takao Oyobe

Takao Oyobe

Rain Maker, Rakuten / 48Group
Rain Maker


Saturday February 28, 2015 13:00 - 13:30
Track A - 1167 Yahoo Japan Corporation Midtown Tower, 9-7-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-6211

14:30

[1C-4] Scrum or not? ~多くのプロダクトを抱える企業における選択のポイント~
Yahoo! JAPAN・DeNA・リクルートマーケティングパートナーズ。各社に見る、多様なプロダクト・チームを最適化する開発手法の選択プロセスと工夫、実運用において大切にしていること等について、事例を交えてご紹介します。


参加者の前提知識
アジャイル開発における一般的な知識

参加者が得られるもの
自らの組織・チームの改善に役立つ事例や思考プロセス

Moderators
avatar for Yasunobu Kawaguchi

Yasunobu Kawaguchi

Agile Coach, Rakuten, inc.
Agile and UX / Product Ownership Agile/Scrum Evangelize in Japan

Speakers
avatar for Kazuyoshi Takahashi

Kazuyoshi Takahashi

シニアエンジニアリングマネージャー, 株式会社チカク
Certified Scrum Professional/CSM/CSPO
avatar for Shimpei Yamada

Shimpei Yamada

Scrum Master, Recruit Marketing Partners Co.,Ltd.
CSM
avatar for 貝瀬 岳志

貝瀬 岳志

Certified Scrum Professional/CSM, DeNA Co., ltd.


Saturday February 28, 2015 14:30 - 15:30
Track C - 1165 Yahoo Japan Corporation Midtown Tower, 9-7-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-6211

14:30

[1D-3] 大学でのIT教育におけるアジャイル開発の取り組み
最近では大学においても実践的なスキルを備えた技術者育成を目指したIT教育を行っていますが、アジャイル開発というテーマに正面から向き合っている事例は残念ながらまだ多くありません。従来のウォーターフォール型開発プロセスに比べ、アジャイル開発は教科書だけでは学べない知識やスキルにあふれており、座学で教えられることには限界があります。このことが授業にアジャイル開発の内容を取り入れることの障壁ともなっています。

そこで、講義ではなく、PBL(プロジェクト型学習)という教育手法にアジャイル開発のエッセンスを導入しようとする試みが今、始まっています。このセッションでは、実際にアジャイル開発を教育へ導入しようとしている教員が、それぞれの現場における教育の事例や体験談、工夫している点や苦労している点など、皆様にお話させて頂きます。企業でアジャイル開発を実践している方々にご参加頂き、これからの情報技術者教育のあり方について皆様と一緒に考える機会にできればと思います。

参加者の前提知識
人材育成や教育に興味のある方など。

参加者が得られるもの
このセッションに参加して頂くことで、アジャイル開発というテーマを扱う、国内の大学におけるIT教育の現状について知ることができます。また、教育プログラムにアジャイル開発の視点を取り入れることによる学習効果(どのように役立つか)についてもご理解頂けるのではないかと考えております。

今回ご紹介する事例では、ITを専門的に学ぶ学生のみならず、デザインを学ぶ学生や、これから実務でアジャイル開発に取り組もうとしている社会人学生なども参加しています。これらの学生が授業で得た気付き等も具体的にご紹介しますので、様々なバックグラウンドをもつ学生の視点から、アジャイル開発がどのように見えているのかといったことも感じて頂けるかと思います。

加えて、大学における今後の技術者教育に対する皆様からのご提言などを賜わる場としてもご活用頂けるものと存じます。

Speakers
avatar for 渡辺知恵美

渡辺知恵美

筑波大学
筑波大学 大学院 システム情報工学研究科 助教。 博士(理学)。専門はデータベースシステムで特に プライバシ保護データベースシステムに関する研究に従事。
avatar for 森本千佳子

森本千佳子

特任准教授, 東京工業大学 情報理工学院
avatar for Yuji Imagawa

Yuji Imagawa

高度IT専修(M1), 筑波大学システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻
筑波大学システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻 高度IT専修プログラムに所属し、1年間PBLでアジャイルを実践。研究分野はTCP/IPプロトコルであったが、今はWeb開発とチーム開発に没頭中。
avatar for Ayumi Kizuka

Ayumi Kizuka

Project Assistant Professor, Future University Hakodate
公立はこだて未来大学 システム情報科学部 情報アーキテクチャ学科 特任助教。専門はメディアデザイン・メディアアート。システム開発において問題発見力・発想力・表現力を身につけるためのデザイン手法について研究しています。インタラクティブなコンテンツの開発や、Arduino... Read More →
avatar for Miho Nagase

Miho Nagase

Agile Coach / Project Associate Professor, YEAH GO / Advanced Institute of Industrial Technology
CSP, CSM, CSPO, PMP... Read More →
avatar for Saga Satoshi

Saga Satoshi

Assoc. Prof., University of Tsukuba


Saturday February 28, 2015 14:30 - 15:30
Track D - 1164 Yahoo Japan Corporation Midtown Tower, 9-7-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-6211

16:00

[1D-4] ざんねんスクラム座談会
前回2014年に発表した内容の続きになります。
今回は実践者らによる座談会形式で、「ざんねん」を(可能な範囲で)晒し合い、その「ざんねん」さについて会場の参加者も巻き込んで議論することで、より一層スクラムの理解を深めることを目指します。


参加者の前提知識
どなたでもお気軽にご参加ください。

参加者が得られるもの
うまくやれているつもりでも、他の実践者のお話を聞いたり原点に帰ったりすることで、これまで見えてなかった「ざんねん」に気づくことも多いです。
が、「ざんねん」であることそのものは問題ではありません。
その気づきに対して取り組んでいくことこそが大事なので、多くの気づきと実践者の取り組みから得られたヒントを、ぜひ現場に持ち帰ってください。

Speakers
avatar for 高江洲睦

高江洲睦

Certified Scrum Product Owner Certified Scrum Master Agile/Scrum/Hard Rock/Heavy Metal/Electric Guitar/McDonald's
avatar for Arata Fujimura

Arata Fujimura

Sekai Lab Pte. Ltd.
認定スクラムマスター(CSM) / 認定スクラムプロダクトオーナー(CSPO)
avatar for Takao Kimura

Takao Kimura

PMO, GaiaX Co.Ltd.
アジャイルコンサルタント | アジャイル開発プロセスの導入および、現状の課題解決・改善をサポートしています。 | お気軽にご連絡ください。 | | アジャイルサムライ横浜道場主催 http://bit.ly/yokohama_dojo | PMIアジャイルプロジェクトマネジメント研究会メンバー | TOCfE横浜塾主催 | Fearless Change... Read More →


Saturday February 28, 2015 16:00 - 17:00
Track D - 1164 Yahoo Japan Corporation Midtown Tower, 9-7-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-6211