Loading…
This event has ended. View the official site or create your own event → Check it out
This event has ended. Create your own
「プロダクトと開発の未来を考える3日間」
豪華海外講師や業界の有識者が集う日本最大級のスクラムイベント
Regional Scrum Gathering® Tokyo 2015

本カンファレンスは、スクラムの初心者からエキスパート、ユーザー企業から開発企業など、立場の異なる様々な人々が集まり、講演やワークショップ、そして参加者同士の交流を通じて、世界最前線の情報から日本の現場での工夫まで、多くの知見を得られる場です。

4回目の開催となる今回は、日本人唯一の認定スクラムトレーナーである江端一将氏、『発見から納品へ』の著者であるメアリー・ゴーマン氏を基調講演に迎えます。現場で実践されている方からビジネスや組織マネジメントにスクラムの活用を考えている方まで、幅広くセッションを用意いたします。

参加登録 / Registration
参加登録はDoorkeeperからお願いいたします。本サイトでAttend登録しても参加登録とはなりませんのでご注意ください。
Registration is now open at links below. Please note that you are not registered by clicking "Attend" on Sched. 
会場
  〒107-6211 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー ヤフー株式会社

View analytic

Sign up or log in to bookmark your favorites and sync them to your phone or calendar.

Keynote [clear filter]
Monday, March 2
 

10:30

Keynote : Promotion of Growth Led by Scrum. ~ Road to Agile/KAIZEN. Improve THE Experience for Challenger ~
Scrum/Agile(スクラム/アジャイル)が、あなたの Product やチーム、組織にどのような効果をもたらしていますか。Scrum/Agile は必ずしもプロジェクトや組織、関係者全員へ直接的に貢献できませんが、これは必ずしも悪い事ではありません。
本セッションでは、スピーカー( ebacky )の経験や国内外の事例から、上記のような状態の分析を通じて、Scrum/Agile がどのように価値ある Product への成長を促すのか。チームや組織など人にどう寄与するのかを探求します。

Speakers
avatar for Kazumasa Ebata

Kazumasa Ebata

CEO, Pastoral Dog, Pte. Ltd. & Odd-e Japan Pte. Ltd.
江端 一将 Agile Coach & Certified Scrum Trainer (CST) 株式会社 Pastral Dog および 株式会社 Odd-e Japan の代表取締役社長 プロダクト開発、ソフトウェア開発の改善に加え、組織改善のサポートを行いながら、より良い開発方法、より良い開発組織を探求している。 コミュニティ活動では、日本の Scrum... Read More →


Monday March 2, 2015 10:30 - 12:00
Track A - 1167 Yahoo Japan Corporation Midtown Tower, 9-7-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-6211

16:50

Closing Keynote(英/日) : アジャイルな発見プラクティスを革新し、活性化させましょう Innovate and Invigorate Your Agile Discovery Practices
(英語セッション・日本語通訳あり)

Innovate and Invigorate Your Agile Discovery Practices 


Agile product discovery is essential for continuous delivery of high-quality solutions. At the same time, discovery is also one of the most challenging aspects of any project. A wide range of stakeholders must collaboratively explore and agree on inventive and valuable product requirements. To do this, many agile teams rely on user stories, and perhaps a few other techniques, such as story maps and personas. While these are a good start, they are not sufficient for the complex products most teams wrestle with today. Mary reaches beyond discovery-as-usual to highlight creative ways to enlighten and energize your agile product discovery.

アジャイルなプロダクトの発見は、高品質なソリューションを継続的に納品するために不可欠です。同時に、発見はいかなるプロジェクトにおいても最も手ごわい側面の1つでもあります。広範な利害関係者が一緒になって創意に富み、価値のあるプロダクトの要求を調査し、合意しなければなりません。これを行うのに、多くのアジャイルチームはユーザーストーリーとおそらくストーリーマップやペルソナなどの他の少数のテクニックに頼っています。これらは出発点としてはよいですが、今日の大半のチームが取り組む複雑なプロダクトには不十分です。メアリーは、今まで通りの発見を越え、あなたのアジャイルなプロダクト発見を導き、活性化する創造的な方法にスポットをあてます。
 

Speakers
avatar for Mary Gorman

Mary Gorman

Mary Gorman, a leader in business analysis and requirements, is Vice President of Quality & Delivery at EBG Consulting. Mary coaches product teams, facilitates discovery workshops, and trains stakeholders in collaborative practices essential for defining high-value products. She speaks and writes for the agile, business analysis, and project management communities. Mary is co-author with Ellen Gottesdiener of Discover to Deliver... Read More →


Monday March 2, 2015 16:50 - 18:05
Track A - 1167 Yahoo Japan Corporation Midtown Tower, 9-7-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-6211