Loading…
This event has ended. View the official site or create your own event → Check it out
This event has ended. Create your own
「プロダクトと開発の未来を考える3日間」
豪華海外講師や業界の有識者が集う日本最大級のスクラムイベント
Regional Scrum Gathering® Tokyo 2015

本カンファレンスは、スクラムの初心者からエキスパート、ユーザー企業から開発企業など、立場の異なる様々な人々が集まり、講演やワークショップ、そして参加者同士の交流を通じて、世界最前線の情報から日本の現場での工夫まで、多くの知見を得られる場です。

4回目の開催となる今回は、日本人唯一の認定スクラムトレーナーである江端一将氏、『発見から納品へ』の著者であるメアリー・ゴーマン氏を基調講演に迎えます。現場で実践されている方からビジネスや組織マネジメントにスクラムの活用を考えている方まで、幅広くセッションを用意いたします。

参加登録 / Registration
参加登録はDoorkeeperからお願いいたします。本サイトでAttend登録しても参加登録とはなりませんのでご注意ください。
Registration is now open at links below. Please note that you are not registered by clicking "Attend" on Sched. 
会場
  〒107-6211 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー ヤフー株式会社

View analytic
Saturday, February 28 • 13:40 - 14:10
[1A-3] スクラムマスターは要らない

Sign up or log in to save this to your schedule and see who's attending!

現在、楽天大阪支社の開発部はほぼ全員スクラムマスターです。私が入社した2010年当時はウォーターフォール型の開発が主流で、誰もスクラムなんて知りませんでした。そんな中、エンジニアとして自分が働きやすい環境を作りたい!と現場主導で試行錯誤しつつスクラムを導入してきて、気がつけば全てのチームがスクラムのプラクティスを取り入れて開発を行っています。スピード感を持って成長していく組織の中でスクラムを導入するにあたって、どのような難しさがあったか、またそれをどのように考えて乗り越えてきたか、をお話します。

参加者の前提知識
スクラムを会社で導入したいと考えている人、または実際に導入しようとしてみたが難しいと考えている人に参加して欲しいです。ですので、スクラムに関する基本的な知識があるほうが良いと思います。

参加者が得られるもの
組織にスクラム開発を導入するための考え方。

どうしてスクラムのプロフェッショナルが導入支援をしていても、うまく進まないのか。という問題に対するそれぞれの答えを見つけてもらえるようなセッションにしたいと思います。

Speakers
avatar for Mitsuyuki Shiiba

Mitsuyuki Shiiba

Web Application Engineer, Rakuten, Inc.
I'm a Java web application engineer, leading a DevOps team at Rakuten Osaka branch. I'm interested in how to deliver more valuable products more rapidly with a small team. That's why I introduced Scrum, Domain Driven Design and User Story Mapping to the team. As a result, we became strong one team involving not only developers, but also designers and business members. Then now I enjoy coding and Kaizen in the team:)


Saturday February 28, 2015 13:40 - 14:10
Track A - 1167 Yahoo Japan Corporation Midtown Tower, 9-7-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-6211

Attendees (7)