Loading…
This event has ended. View the official site or create your own event → Check it out
This event has ended. Create your own
「プロダクトと開発の未来を考える3日間」
豪華海外講師や業界の有識者が集う日本最大級のスクラムイベント
Regional Scrum Gathering® Tokyo 2015

本カンファレンスは、スクラムの初心者からエキスパート、ユーザー企業から開発企業など、立場の異なる様々な人々が集まり、講演やワークショップ、そして参加者同士の交流を通じて、世界最前線の情報から日本の現場での工夫まで、多くの知見を得られる場です。

4回目の開催となる今回は、日本人唯一の認定スクラムトレーナーである江端一将氏、『発見から納品へ』の著者であるメアリー・ゴーマン氏を基調講演に迎えます。現場で実践されている方からビジネスや組織マネジメントにスクラムの活用を考えている方まで、幅広くセッションを用意いたします。

参加登録 / Registration
参加登録はDoorkeeperからお願いいたします。本サイトでAttend登録しても参加登録とはなりませんのでご注意ください。
Registration is now open at links below. Please note that you are not registered by clicking "Attend" on Sched. 
会場
  〒107-6211 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー ヤフー株式会社

View analytic
Saturday, February 28 • 13:00 - 14:00
[1E-2] 100円プロトタイプ ~ ポストイットで、あっという間にモバイルUXデザイン

Sign up or log in to save this to your schedule and see who's attending!

「100円プロトタイプ法(The $1 Prototype)」とは、米国のインタラクションデザイナであるグレッグ・ヌーデルマン氏が提唱する、モバイルUXデザインのための新しいプロトタイプ手法です。

その概要は、(1)正方形の付箋紙を使ってストーリーボードを描く(ビジョン)、(2)次に長方形の付箋紙を使ってペーパープロトタイプを作成する(試作)、(3)それを片手にユーザインタビューを行う(テスト)、というもので、付箋紙を活用しているのが特徴です。

従来のペーパープロトタイプと比較して、さらに軽量かつ高速にUXデザイン活動が行えるので、特にリーンスタートアップやアジャイル開発の現場に適しているとして、今、注目を集めています。。

この「100円プロトタイプ法」をワークショップ形式で体験していただきます。

参加者の前提知識
普段からモバイル・アプリケーションを使用していて、かつ、モバイル製品/サービスの企画・設計に興味のある人。ただし、開発やデザインに関する専門知識や経験は不要。

参加者が得られるもの
・100円プロトタイプ法の実用的知識と実施経験
・自作した100円プロトタイプ実物

参加者にできれば持参いただきたいもの
・シャーペン(0.5mm HB)
・消しゴム
・定規(10cm以上) 

Speakers
avatar for shida

shida

be agile Co.,Ltd.
岩手県大船渡市に生まれ高校まで暮らしました。 実家、中央板金(リアスホールの近く) 大学から東京で暮らしています。 小学3年生から高校3年生まではサッカー部。 3才から喘息(現在も) 高校からロックドラムをはじめ大学からはJAZZ研究会。 大学時代からメイト音楽学院、菅原光則先生に習う。 2003... Read More →
avatar for 樽本徹也

樽本徹也

代表, 利用品質ラボ


Saturday February 28, 2015 13:00 - 14:00
Track E - 1172 Yahoo Japan Corporation Midtown Tower, 9-7-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-6211

Attendees (3)