Loading…
This event has ended. View the official site or create your own event → Check it out
This event has ended. Create your own
「プロダクトと開発の未来を考える3日間」
豪華海外講師や業界の有識者が集う日本最大級のスクラムイベント
Regional Scrum Gathering® Tokyo 2015

本カンファレンスは、スクラムの初心者からエキスパート、ユーザー企業から開発企業など、立場の異なる様々な人々が集まり、講演やワークショップ、そして参加者同士の交流を通じて、世界最前線の情報から日本の現場での工夫まで、多くの知見を得られる場です。

4回目の開催となる今回は、日本人唯一の認定スクラムトレーナーである江端一将氏、『発見から納品へ』の著者であるメアリー・ゴーマン氏を基調講演に迎えます。現場で実践されている方からビジネスや組織マネジメントにスクラムの活用を考えている方まで、幅広くセッションを用意いたします。

参加登録 / Registration
参加登録はDoorkeeperからお願いいたします。本サイトでAttend登録しても参加登録とはなりませんのでご注意ください。
Registration is now open at links below. Please note that you are not registered by clicking "Attend" on Sched. 
会場
  〒107-6211 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー ヤフー株式会社

View analytic
Saturday, February 28 • 13:00 - 13:30
[1C-2] 開発モデルの作り方 ~守破離の破!~

Sign up or log in to save this to your schedule and see who's attending!

現職で取り組んでいるオフショア開発において、「頑張っても効果が薄い事は諦める」という前提のもと"RFCモデル"というリーンカンバンを拡張した開発モデルを考え、導入する事に挑戦してきました。
ひとつの開発モデルの、生い立ちから成長を通して得られた学びについて、お話ししたいと考えております。

参加者の前提知識
●参加して欲しい人
・現場で日々カイゼンに取り組んでいる人。

●必須知識
・特になし。
・「リーン開発の現場」を読んでいると理解は早いかと思います。

参加者が得られるもの
・守破離の破への取り組み方。
・日々のカイゼンの取り組みをまとめるだけでもひとつのモデルになりえるということ。(アジャイルの原則を守っている前提)

Speakers
avatar for Arata Fujimura

Arata Fujimura

Sekai Lab Pte. Ltd.
認定スクラムマスター(CSM) / 認定スクラムプロダクトオーナー(CSPO)


Saturday February 28, 2015 13:00 - 13:30
Track C - 1165 Yahoo Japan Corporation Midtown Tower, 9-7-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-6211

Attendees (4)