Loading…
This event has ended. View the official site or create your own event → Check it out
This event has ended. Create your own
「プロダクトと開発の未来を考える3日間」
豪華海外講師や業界の有識者が集う日本最大級のスクラムイベント
Regional Scrum Gathering® Tokyo 2015

本カンファレンスは、スクラムの初心者からエキスパート、ユーザー企業から開発企業など、立場の異なる様々な人々が集まり、講演やワークショップ、そして参加者同士の交流を通じて、世界最前線の情報から日本の現場での工夫まで、多くの知見を得られる場です。

4回目の開催となる今回は、日本人唯一の認定スクラムトレーナーである江端一将氏、『発見から納品へ』の著者であるメアリー・ゴーマン氏を基調講演に迎えます。現場で実践されている方からビジネスや組織マネジメントにスクラムの活用を考えている方まで、幅広くセッションを用意いたします。

参加登録 / Registration
参加登録はDoorkeeperからお願いいたします。本サイトでAttend登録しても参加登録とはなりませんのでご注意ください。
Registration is now open at links below. Please note that you are not registered by clicking "Attend" on Sched. 
会場
  〒107-6211 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー ヤフー株式会社

View analytic
Saturday, February 28 • 13:40 - 14:10
[1C-3] 分散開発チームによるアジャイル開発実践 ~いろいろハマった!よかった

Sign up or log in to save this to your schedule and see who's attending!

Kii株式会社が提供している mBaaS (mobile Backend as a Service) である Kii Cloud は、国内外のエンジニア数十名によって共同開発されています。2013年頭よりアジャイル開発を採用して以来、大小様々な問題に直面しつつも、継続的に開発プロセスを改善しながら前へ進んでおります。

本セッションでは、そんな我々がどのようにアジャイル開発をスタートさせ、どのような点にハマり、どうプロセスを改善して問題を乗り越えてきたのかをご紹介します。

参加者の前提知識
アジャイル開発の導入を検討している企業さんや、アジャイル開発を導入してみたがイマイチしっくり来ていない企業さんに聞いて欲しいです。また、プロセス改善の一例として「ドキュメント作成/維持」に関する問題および解法について喋る予定なので、ドキュメント周りでお悩みの方に聞いて頂けると何らかのヒントになるかもしれないと考えております。

必須知識などは特にありません。アジャイル開発に詳しくない方にも分かりやすい内容にするつもりです(ツール等には触れない予定)。

参加者が得られるもの
アジャイル開発のキモが "Fail fast and often" であることを学んで頂ければなと考えています。導入してみて、しばらく回した後に色々問題点・不満点が出てきてからが「本当のスタート」であることを弊社の事例を通して感じ取って頂ければ嬉しいです。

あと、欧州・北米・中国・日本にエンジニアが点在する分散開発チームにおけるアジャイル開発導入事例になりますので、「アジャイル開発って分散チームだとうまく回らないんじゃない?」とお考えの方に、必ずしもそうではないということを感じ取って頂ければ幸いです。

Speakers
avatar for Makoto Iguchi

Makoto Iguchi

Research Engineer, Kii Corporation (Kii株式会社)


Saturday February 28, 2015 13:40 - 14:10
Track C - 1165 Yahoo Japan Corporation Midtown Tower, 9-7-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-6211

Attendees (1)