Loading…
This event has ended. View the official site or create your own event → Check it out
This event has ended. Create your own
「プロダクトと開発の未来を考える3日間」
豪華海外講師や業界の有識者が集う日本最大級のスクラムイベント
Regional Scrum Gathering® Tokyo 2015

本カンファレンスは、スクラムの初心者からエキスパート、ユーザー企業から開発企業など、立場の異なる様々な人々が集まり、講演やワークショップ、そして参加者同士の交流を通じて、世界最前線の情報から日本の現場での工夫まで、多くの知見を得られる場です。

4回目の開催となる今回は、日本人唯一の認定スクラムトレーナーである江端一将氏、『発見から納品へ』の著者であるメアリー・ゴーマン氏を基調講演に迎えます。現場で実践されている方からビジネスや組織マネジメントにスクラムの活用を考えている方まで、幅広くセッションを用意いたします。

参加登録 / Registration
参加登録はDoorkeeperからお願いいたします。本サイトでAttend登録しても参加登録とはなりませんのでご注意ください。
Registration is now open at links below. Please note that you are not registered by clicking "Attend" on Sched. 
会場
  〒107-6211 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー ヤフー株式会社

View analytic
Saturday, February 28 • 16:00 - 17:00
[1E-4] アジャイルコミュニケーションプラログラム ~チームワークに関する心理学的アプローチ~

Sign up or log in to save this to your schedule and see who's attending!

自己組織化やチームワークを作るのがむずかしくありませんか?
自己組織化やチームワークを作るための基礎的な技術を、ワークショップで体験し、具体的に学んでみませんか。

アジャイル・コミュニケーション・プログラムとは心理的なコミュニケーション技術をベースに、仕事場やプロジェクトなどの現場のために独自に開発したものです。本プログラムは、心理的なコミュニケーション技術として、エイブワグナー博士が提唱しているBCB(Breaking the Communication Barrior)などを参照しています。

今回は、アジャイル・コミュニケーション・プログラムの中でも、いままでカンファレンスなどでは公開したことのない創造性の活性化と自己組織化促進の基礎になるワークショップを開催いたします。

多くの我々は、学校教育や社会生活を通して創造性やチームワークの芽を摘まれ、十分に自分で思考することができない一種のゾンビになっている場合があります。特にアジャイルチームではこのような創造性ゾンビは、チーム全体の生産性に悪い影響を及ぼします。あらたにゾンビを作らず、また、今いるゾンビを生き返らせ、魂を込めることが必要です。

そのために、本プログラムではコミュニケーションの質に関しての知見や新たな概念を学び、基礎になるワークショップにより練習します。

参加者の前提知識
・参加して欲しい人:
現場のチームワークづくりに悩んでいるか、あるいはさらなる活性化を目指したいリーダーやチームメンバーに参加していただきたいと考えています。
・参加するにあたり必要な知識:
とくにありません。

参加者が得られるもの
チームワークの基礎となる、メンバーの創造性を活性化するためのコミュニケーション技術を習得し、風通しのよく働きがいのある現場づくりの基礎を学べます。

Speakers
avatar for 林 栄一

林 栄一

事業推進部 課長, アジャイルコーチ, 要求開発コンサルタント, セントラルソフト株式会社
楽器メーカーで電子楽器開発に携わる。陶磁器卸の営業を経てIT... Read More →
avatar for Masanari Motohasi

Masanari Motohasi

祝人 Hoydo


Saturday February 28, 2015 16:00 - 17:00
Track E - 1172 Yahoo Japan Corporation Midtown Tower, 9-7-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-6211

Attendees (6)